ankoの日常

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

【結婚相手は抽選で】1話感想:野村周平のオタクぶりが観ていてつらすぎる!

f:id:ankoalive:20181008144130j:plain

Katsu Nojiri | Flickr

 

もうね、タイトルや予告から2017年のドラマ「オトナ高校」を彷彿とさせる二番煎じ的な題材だなと感じつつ、まずは1話観てみようじゃないかと思ってみてみたら、東海テレビ制作、相変わらず重い、重すぎる!! 

 

「オトナ高校」みたいにコミカルに振り切るのかなと思っていたらぜんぜん違っていて(さすがに同じにはできまい)、登場人物たちの悲壮感がつらい。

 

あらためて公式サイトを見てみると、

人ははぜ結婚するのか・・・?
結婚して「夫婦に」になり、
子どもが生まれ「家族」になる。
それは本当に、当たり前のことなのでしょうか。
このドラマは様々な問題を抱える現代の若者を通じ、
「結婚は本当に必要なのか?」
「人と向き合うことの大切さとは?」を
すべての人に問いかける、社会派ヒューマン作品です。

 

ああ、そうなのね、『社会派ヒューマン作品』というふれこみ。それは失礼した。重くて当たり前でしたね。

 


以下、ネタバレを含みます。観ていない方はご注意ください。

 

 

まず冒頭から重い

冒頭の導入部からしんみり始まったかとおもったら震災ボランティアネタを盛り込み、野村くんのモノローグから始まる。最初は何のドラマなのかと思うくらい暗い。そこは主人公の正義感という人柄を印象付けるための導入部分で、実はオタクで潔癖症の非モテの主人公・宮坂龍彦(野村周平)。誰も知らないブログを書き、レストランでマイ箸持参、中学時代のトラウマから潔癖症で毎日何度も手を洗い、合コンではアニメの話でドン引きされ、観ているこちらもつらくなってくる。生きるのがつらいと思っている。反面、人に求められたい欲求も強くあるという設定。

 

そのほかの登場人物もいろいろと難ありで、金持ちの娘で大手企業にコネ入社し、たいした仕事ができない不満と結婚願望をのぞかせる冬村奈々(高梨臨)、奈々と付き合っているも結婚願望はないイケメン銀林嵐望(大谷亮平)、母親から依存されている看護師・鈴掛好美(佐津川愛美)、まあ~おいそれと簡単には結婚には結びつかなそうな面々。いいぞ~~。また親世代もガッチガチの昭和な価値観や毒親まるだし加減がいい。そんななかでどう切り抜けていくのか今後の展開に期待しちゃう。

 

 

「抽選見合い結婚法」とは

公式サイトより引用しますと、


・25歳~39歳の子どものいない独身男女が対象
・本人の年齢プラスマイナス5歳の範囲で相手を抽選
・相手が気に入らない場合は2回まで断ることができる
・どうしても3回断った際は「テロ対策活動後方支援隊」に
 2年間従事しなければならない

 

この強引ともいえる法律の施行によって、それぞれがいろんな問題を浮き彫りにさせていくんだけど、「テロ対策活動広報支援隊」という兵役まで脅しに使うくらい強引な方法はエグい。

 

この生ぬるくて少子化が危機的状況の今の日本、政治に興味のない人が大半なので、本当にこんな馬鹿げた法律が立案されてもあっさり法案が通りそうな気がする。決まってからあわてて反論して、そのくせすぐに長いものに巻かれるところも今の日本じゃないか。女性政治家に対する扱い(目くらましのための当て馬)についてもさりげなく風刺しているようにも思えるし、まったくのファンタジーにもみえない。かといってフェイクドラマでもない。不思議な感覚がしました。

 

軍隊に行きたくないからって自力で相手を探して結婚しようとか、主要キャラたちの親世代の結婚観、結婚願望の有無がそれぞれあぶり出されてくるところもリアルにありそうで面白い。合コンシーンも女性が相手の年収を気にしたり、男性陣の年収と職種を全面に出す必死さ、女性のドン引き具合。兵役から逃れるために必死になる。でも、本当にそれでいいのかい?というところも今後の展開で組み込まれるのかな。

 

そもそも、オタクはそういう一般的な合コンに行ってはいけない。せめて同じアニメ好きの集まる合コンに行こうよ。

 

 

 

野村周平の役柄がリアルで切なすぎる

野村くんほどのイケメンでも、演技と演出でこうもダサくて気持ち悪くなるところがスゴイわ。1話のほとんどが野村くん演ずる龍彦の気持ち悪さぶりに終始。コミュ障、潔癖症、マイ箸、アニメ好きとステレオタイプのオタク表現な気がしないでもない。

 

とにかくしつこく気持ち悪さを見せつつ、そんな自分が嫌で変わりたいと思っている主人公が、法律が自分を救ってくれると切実に語る場面はあまりにも切なかった。そのくらい自分ではどうしようもないのだ。

 

オタク仲間やアニメだけあればいいというのは表向きで、本当は孤独や寂しさを抱えたこんな自分でも誰かに受け入れられたい、1度は恋愛したいと思っている龍彦。

 

仲間内の会話も本音が見え隠れしている気がする。恋愛できないというだけで劣等感を抱えて生きてきた人にしてみれば“渡りに船”な法案。だからといって主人公が簡単に結婚できるわけじゃないことを今後描いていくと思われるので、その変化をみていきたくなります。

 

オタクが恋愛によって変化するドラマといえば「電車男」ですが、あんなふうにネット掲示板の仲間が助太刀して変化していくようにも思えないこのドラマ。龍彦、ひとりでどうにかするのだろうか?

 
合コンで女性陣にドン引きされたあと、その場から逃げ出した龍彦にかぶさるように、鬱屈した気持ちをさらに加速させるような激しいギターのカッティング曲、高橋優のエンドソング「Aquarium」が流れる。まるで「オトナ高校」かよ! あああ~~龍彦の切なさが絡まってよけいつらい! 「オトナ高校」のチェリートくんよりつらいわ。

 

それにしてもこの曲すごくいい!(まだPVなし) 高橋優、今回もいい仕事しているわ。また秋田弁でカメオ出演してほしい。

 

 

あらためて結婚とはなんだろうと考える

ドラマを観ていて、今でこそ奇跡的に既婚となった私だけれど、独身のころは結婚願望がなく、ドラマの主要キャラたちに似たような孤独感や無能感に苛まれていたことを思い出しました。

 

そんな独身時代を経て、実際に結婚してみてわかったこと。

 

結婚とは制度なだけで「結婚=幸せの保証」ではないこと。

 

結婚生活が不幸とは思わないけれど、いかに「結婚=(一生)幸せ」という幻影に惑わされていたか、今ならすごくよく見えてくる。

 

はっきり言う。「結婚=(一生)幸せ」ではありません。言葉尻に騙されている。不幸ってことではなくて「ずっと幸せを感じるとは限らない」ってこと。

 

入籍後しばらくは幸福感が続くけど、元々他人同士。年数を重ねていくごとに互いの変化が訪れ、小さな違和感を感じることが出てくる。

 

小さな生活リズムの違いであっても、すりあわせがうまくいかないとそれが雪だるまのように違和感が大きくなる。人間、生きていく上で当たり前に起こることだから都度の調整と努力が必要になってくるわけよ。

 

で、結論。結婚とは、「一緒にいたいと思う相手と人生を積み上げていく覚悟を持ち、互いに努力していくこと」。それができなければしないほうがいい。

 

男は仕事、女は家事と子育て、という昭和でステレオタイプな役割を貫きたいと思う人たちはそれでいいだろうし、子どもを作る人は社会的な保障を受ける観点からも結婚制度は利用したほうが良い。

 

そうでない価値観(子どもを持たない、結婚したくない、同性同士など)の人は「結婚」とはなにか、自分にとってどういうものであったらいいのかを熟考したほうがいいし、お互いにコミュニケーションを取り合える関係性を作れないままうっかり結婚すると、未だに世間に根深く広がる古い結婚観に振り回されて苦しい思いをするだけです。

 

 

 

一般的な結婚観にうんざりな人は観るべし

2話ではいよいよ主人公が抽選お見合いが始まる展開。この抽選に該当する人々は、自力で相手をみつけられない人たちがほとんどなわけで、なにかしらワケあり。いかにもモテなさそうなデブで○スな女子や、イケメン大谷亮平が結婚しないワケとか、くせ者揃いの脇役てんこ盛り。そのあたりも次回以降でどんなふうに描くのか興味深いったらありゃしない。

 

このドラマ、ただモテない男子が変わっていくだけの話じゃなくて、いろんな立場からみた結婚観とその行方を経験できる作りになっていると思うし、独身・既婚関係なく自分の価値観を再認識して、自分はどう生きたいか考えるきっかけをくれるなかなか良質なドラマな気がします。全体的にトーンが暗めだけど、高橋優の曲聴きたさと主人公の変容を最後まで観ること決定~~。

 

 

もし法律を取り入れるのならどっちがいいか

もし、もしよ、現実世界に取り入れるとしたら、オトナ高校の「第二義務教育法案(30歳以上の未経験男女を経験に導き卒業させる学校へ入学させる)」とどっちがいいんだろうと勝手に考えてみました。

 

「抽選見合い結婚法」は、非モテの人がいきなりお見合いしても、3回のチャンスはすぐに使い果たしてしまうのが目に見えている。もし自分が独身だったらと考えると絶対3回じゃ足りない。普通に考えてほとんどの人がそう思うよね。

 

となると、かなりの確率で兵役になりそうだし、そうでなければ兵役逃れのために偽装結婚が横行する可能性もある。かといって、非モテでもなんとか結婚できたとして、子作り面でうまくいく保障もない。

 

ということで、「抽選見合い結婚法」は効果的ではないという結論。どうせなら、兵役2年の合間にオトナ高校カリキュラムを導入して、徹底的にコミュニケーション術~セッ クスまでを学ばせたほうが子どもじゃんじゃん産まれると思うわ!

 

ストーリー展開的にも、この法律は最後に崩壊する気がするのですが、どうなるんでしょうね!

 

「オトナ高校」もめっちゃ面白いよ!