anko alive

おほほほ、ここはドラマ・映画の感想を語るための私の城♪ 

【おっさんずラブin the sky】6話感想ネタバレ:あんたとしかしたくない!千葉雄大無双

f:id:ankoalive:20191212150310j:plain

Ricardo Miranda | Flickr

 

いやあ、今回も誰も報われない~~もう切なくていい!!

なんというか、春田の優しさで傷ついていく四宮が切なくて切なくて。だけど、そのことによって、春田自分も成瀬に気持ちを押し付けたことに気がつく最後は、見ているこちらも引き裂かれそうな思いだったわね~~~

 

ということで、ネタバレ全開でーす。見ていない方はご注意を。

 

 

 

 

千葉雄大くんの表情が秀逸

成瀬は四宮に惹かれていることに気付き、でも四宮は春田が好きで、春田は成瀬が好き。黒澤キャプテンはすでに蚊帳の外だけれども、まだまだ混迷を極めるおっさんたちの片思い関係がなんともキュンとくるねぇ。

 

男女の恋愛ドラマよりもグッと来るのは、キャストの演技が冴え渡っているからなんだろうな。とくに成瀬役の千葉雄大くんはただのカワイイ男子から色気がでてきたわよね。去年のドラマ『高嶺の花』で新進気鋭のやさぐれた華道家を演じ、ベッドシーンをするようになったあたりから、だんだん「カワイイ」から脱却しようとしてきている感じがする。

 

黒澤キャプテンとの食事シーンでの喜怒哀楽、感情豊かな表情はまーーすごかった。何度もいうけど、可愛いだけでない演技力というか千葉雄大くんの秘めた可能性を感じずにはいられなかったわね。

 

最初、このドラマのキャスティングを知ったとき、正直、よくこの出演を受けたなと思ったのよね。シーズン1でいうところの林遣都路線ってこと? かわいい顔だからこそのキャスティングなのねと思ってしまったけど、開けてみたらすごいなんてもんじゃなかったのよ。

 

成瀬という恋に不器用で癖があるところをみごとに演じている。ツンデレだったり危なっかしかったり、見ているだけでドキドキしてしまうほどよ。私の中では主演の田中圭よりも存在感ありまくり。もう無双です、無双! 田中圭どうでもいいです~。てか、ただただ優しさで傷つけるの男はキライですぅ。

 

前から複雑な境遇や不器用な性格を演じるのがうまいなと思っていたけど、ますます磨きがかかってた。そんな彼も30歳。もうただ可愛いだけが通用しなくなる年齢よね。俳優としてもこれからが正念場になるし、確実にキャリアを重ねているんだなというのを、このドラマで感じ取ることができるのよね。

 

 

あんたとしかしたくない

で、ストーリー展開もますます片思い関係が複雑化していて、前回のラストでは春田が成瀬に振られた直後に、四宮から告られて終わりだったのが、今回のラストは、四宮が春田を諦め、成瀬が四宮のことが好きなことに春田が愕然とし、友人以上の気持ちでは受け入れられなかったことと、自分も成瀬に受け入れられなかったことへの両方の気持ちが重なって辛いという、ま、主演のはるたん複雑な心情ってことで渾身の表情はすごかったわ。


四宮とのお試し期間終了後にやはり付き合えないことを本人に伝えたあと、成瀬にもいちいち報告するのは、セリフにないけれども「俺はやっぱり成瀬が好き。俺はフリーです」を内包していたわけで、成瀬にこちらを向いてほしかったんだよね。だけど、成瀬の気持ちがここにないことをわかってて「おやすみ」しか言えなかった。好きなんだけど、自分が好かれてはいないという状況は切なすぎてもう! 好きな人に好かれない、恋愛あるある。

 

そのあとの成瀬の心情もまた恋愛不器用さが炸裂ー。

 

誰とでもキスできると思っていたのに、もうあんたとしかしたくない

 

春田に振られて落ち込んでいるところに、気持ちをぶつけてもぐりこんでいくのって恋愛手段としてはありだけど、実はリスクが高いのだよキミ。気持ちが落ち着いたときに下した判断じゃないからね。流れで付き合ったとしても、気持ちが回復してきたときに振られる可能性が非常に高いわけよ。それでもいいんかい!と思ったりしたわ。

 

「忘れさせてあげる」と成瀬はそのまま覆いかぶさっていったけど、あれはヤッたんですかヤッたんですかヤッたんですか? 弱っているときはぶっちゃけ誰のぬくもりでもほしいときがあるからさー。でもそこは四宮は大人だし、春田へ対してもそこまで思い切ったことをしなかったことを思えば、キスくらいはしたかもだけど、一時の激情で流されなさそうな気はする。

 

四宮のことだから、キスはあの流れで許したとしても、自分の気持ちのテリトリー(徐々に関係を近づけて段階を踏みたいわりと堅実タイプだよね)に強引に入ってきた成瀬をそうそう受けいれない気はするし、春田のように断りの気持ちをちゃんと伝えて人間関係を続ける器用さや柔軟さがないと思われ、それは春田との関係性だったり、前回の元妻・子どもとの関係でも垣間見られ、基本一途な男。以前の成瀬みたいに誰とでも気軽に寝るタイプではないんだよ~。

 

というわけで、まだこの男たちのモヤモヤは決着付きそうもないねぇ。

 

 

 

 

スポンサーリンク