ankoの日常

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

【ねほりんはほりん】元国会議員秘書の仕事「葬式チャンス」ってそういうことか

f:id:ankoalive:20171019165724j:plain

by eddie_markka photo

 


選挙ウィークですね。いまだに今回の選挙に納得していませんけども、決まっちゃったので投票にいきますよ。選挙って一回やると700億かかるっていうじゃないですか、しかも我々の税金から!! 解散総選挙って簡単にいうけど、どんだけ税金の無駄遣いしているんだろうって特に今回の解散総選挙は思ったわよ~~~。

 

で、「ねほりんはほりん」の元国会議員秘書。50代女性でベテランの方がゲストでした。秘書という仕事は政治家を支える大変な仕事だということは知っていたものの、やはり実際に話を聞くと、いかに過酷かよくわかるものですね。


議員秘書は特別国家公務員の位置づけで国からお給料が支払われているんですよね。高い人では年収一千万の人もいるらしいですが、平均で500万くらい。まあまあ給料は高いですよね。公務員だからといって一生仕事が保証されているわけでなく、フリーランスみたいなもの。自分がついた議員の先生が落選したら無職になるっていうし、秘書のネットワークや組合とかないみたいなので、いったん仕事がなくなると平気で何カ月も無職ですってよ奥さん。しかも、ハロワにあるような仕事じゃないので自分で議員会館で声かけまくって職探し。特殊過ぎる仕事ゆえに給料がいいといっても、人権あるんだかないんだか24時間臨戦態勢。「仕事と私、どっちを選ぶの?」なんて愚問もいいところ。秘書という仕事は「仕事」を選ぶのが常。プライベートも犠牲にすると決まっているそうだ。議員先生は「神」なんだとさ。政策のことから下着の洗濯、スキャンダルのもみ消しまで、政治家のしもべとなってなんでもやる人たち。ぶっちゃけ、政治家以上になんでも知っている人たちでもあるんですよ。


プライベートも犠牲にしてまで続けていられるのも、政策に関与することができたときにとてもやりがいがあるっていってた。施策ひとつ変えることができるのが政治家の力。普通の人ひとりでなんかできないわけで、秘書の知識を政治家に託しつつ発揮し、人の役に立てるのであればこのうえないやりがいがありますもんね。

 

ぶっちゃけ、政治家の先生方は崇高な政策を掲げて叫ぶところまでが仕事なのね。それに対して秘書の方たちが懸命に支えているおかげで、特に勉強することなく、さも知っているかのように上っ面で答弁していることがよーくわかりました。これほどまでに人並みの生活を顧みず、むしろそれを超えてまで尽くしている人たちがいることをわかって秘書を労える議員だとわかれば、一気に株があがるだろうな。

 

ちょっと前に世間をにぎわせた「このハゲー!」の議員さんも再び立候補しているようですが、秘書だったら何をしてもいいとか、人間以下の扱いをするような人、部下のマネジメント能力に欠けるような人は政治家になるべきではないと思う。有権者となる私たちにはそこまで見えてこないし、政策という旗を振っている政治家の表面でしか判断できない。あの議員さんにしても秘書の告発がなければ知る由もなかった。人は完全じゃないし、ほころびもある。ましてや清廉潔白な政治家っていないと思う。そこに目くじら立てて糾弾するよりも、自分がどのような政治家がよいのか、なにを求めるのか自分で知っておく必要があるのだと思いましたよね。なので、今回の「ねほりんはほりん」は政治の中の一部を知る意味でも参考になりました。

 

 

「葬式チャンス」

YOUさんも知人の葬式に行くと何件かかならず議員の名前が上がっているって言ってたけど、私も叔父の葬式のとき同じことを思っていたのよ。確かに顔の広い叔父だったけど、議員さんとも繋がっていたのかーすごいなーと思ってたんですよ。

 

元国会議員秘書の方によると、葬式は「葬式チャンス」といって、議員が地元に戻ったりしたら必ず地元新聞のお悔やみ欄をみて、関係のない人であっても葬式に必ず行くんですって! 議員本人が行くときもあるし、秘書が代わりにいって名刺を出すだけでも、その場の雰囲気が変わるらしく、葬式行くだけで一票どころか何十票になるっていうんですからその名の通り「葬式チャンス」よね。外せない理由わかるわー。

 

てことは、叔父の葬式はある意味利用されたのかしら。叔父の住んでいた地域は超大物政治家の地盤なんだけど、電報の読み上げのときに出てきた名前は、その超大物政治家と敵対する政党の議員の名前だった記憶がある。ということはよ、超大物政治家さんは何もしなくても地盤が固すぎるほど固いので葬式狙わなくてもいいわけだ。でも、別の政治家かからすると固い牙城の一角を崩すにはもってこいってことだものねー。敵陣だからこそ目立つというわけか。こりゃあ秘書の仕事って大変だ。

 

 

さて、今度の選挙どうしたものか。
私の住む選挙区は、候補者3人、元々地盤も固く強い人がいて、その方が一人とびぬけている状態。その方の政策をみる限り、個人的に反対のものがあるのでその方には入れませんが、他の2人は・・・。いずれ残りの日数でじっくり考えようと思います。

どういう結果になるのかな。