anko alive

おほほほ、ここはドラマ・映画の感想を語るための私の城♪ 

【ひよっこ2】3話感想ネタバレ:いろんな人がいて、みんな違ってみんな正しい

f:id:ankoalive:20190328174813j:plain

Bong Grit | Flickr

 

 


このドラマって、日常の中でいろんなことが起こるんだけど、それは人として当たり前のことで、そこにまつわる人間模様、人間くささがまさにドラマになるってことなんだよね。

 

今回のエピソードとしては、愛子が福引きで熱海旅行を当てたはいいが、家族4人で行きたかったことを素直にいわなかったことから、変にこじれてしまったりする。それこそ、お互いを思いやり合ってのことなんだけど、大事なことこそへんに気を遣わないで本音で話をしないとだめだよねってことで、あっさり4人で熱海に行くことで収まってたわね。

 

谷田部家でのちよ子エピソードにしたってそうで(宗男叔父さんもう田舎に帰ってたのか)、大人顔負けのプレゼンするちよ子だけど、それを聞く耳を持つ家族だからよかったねって話なのよ。ていうか、『ひよっこ』に出てくる面々はみんなクセはあるけど、人の話はちゃんときくいい人だらけだから拗れないのよね。まったくもってドラマは都合がいい。

 

正直、田舎の人間って田舎なりのルールや押しつけ思想がまかり通っていたりするし、谷田部家だって今でこそ電話引けるくらい豊かにはなったけど、かつては実が出稼ぎにいったり、みね子も集団就職するような極貧とはいわないまでも、限りなく「貧」のほうだったわけでしょ。

 

そういう環境は心が貧しくなって親の押しつけが強い傾向になりやすいのに、谷田部家は心だけは明るく豊かだったってことだし、みね子にしても進路を決めるときには、家を助けるために農業に従事しようとしていたことから、家族の結束と思いやりが強いわけよね。こんな家族いまどきいるのかってくらいいい家族すぎる。

 

ちよ子があのようなプレゼンをし、家族のことを考えて就職を望むくだりは、家族愛ゆえなんだけど、本心はどうだったんだろう?と思ってしまう。実がもう少し親としていさせてほしいと言ったことで、この話は終わり~~的な流れになってたけど、ちよ子の本心は描かれなかったところだけがモヤっとしたな。

 

周りにあれだけ進学を望まれているのなら、そのまま行けばいいじゃんね。結局、ちよ子はどうなるのよ? このあたりは4話で描かれるのかどうなのか。お願い、進学させたげて。

 

これらの一連の流れをみて、宗男叔父さんがいう「すげぇなぁ人間って。みんなロックだな」っていうのは、人と人が思いやれば、拗れそうな出来事もほだされ、いい具合にまとまっていく様を宗男表現した言葉だし、ロック=違い(こだわり)ってことだよね。家族になにも言わずに東京に出かけてしまう宗男叔父さんより、ちよ子はちゃんと説明して説得するあたりは大人だわ。


関係ないけど、谷田部家でのシーンの中で、日焼けメイクであろう実さんに光が当たったとき、角度によってはセクスィー部長だったのよほほ~~ビジネスと色恋は一緒になさらぬよう~~またやってくんないかな。

 

 


そういえば、まだ出てなかった島谷くんと早苗(早苗は4話登場とのこと)。今や超売れっ子俳優の竹内くんだからね、単独収録だったことは容易に想像つくけど、こういう出演もありなんだね。そして、さりげなく名言を語る。

 

本当に世の中、いろんな人がいて、それぞれみんな違ってて、みんな違ってみんな正しいんですよね。

 

このセリフは岡田さん脚本の神髄ですよ。誰もがその立ち位置からみて正しい。違いはあってもその人にとっては正しいわけ。それが、愛子の熱海旅行、ちよ子のプレゼン、時子のスキャンダルがそれを象徴している気がする。違いを認め合えればいいのだけど、そういうことばかりじゃないことを時子のエピソードで描いて4話でまとめるのね、きっと。

 

いい人ばかりのキャラの中で、アクセントになっているのが時子と宗男叔父さんなんだなとふと気付いた。夢があったりやりたいことがあって、周囲の反対を押し切ってしまうところ。ひとつ間違えば人間関係拗れるところなのに、このドラマでは決してそうはさせない。いい人たちで包囲して許すというなんともありがたく恵まれた人たち。うらやましいぜ。

 

島谷くんのテレビ出演のあとのCMに出てた乙女寮の料理長、ちょい役だけどちゃんと出てたの見ました? 人気カレー店の店長なんだって。だからCM打ってたのか。成功してよかったよね。

 

 

ああもう、あと1回で終わりなんて寂しすぎる。もう春からの新番組として永遠にやっててほしい。内容はこうだ私の想像『ひよっこ3』。

 

みね子に子どもが生まれて、ウェイトレス仕事はお休み。由香が正式に働きにくる。鈴子も店に立つ回数が減り、みね子の子どもの子守に精を出す。高度成長の流れの中で、赤坂商店街は斜陽の雲行き、すずふり亭も洋食が流行らなくなってくるが、秀のお持ち帰りカツサンドやパフェの販売でなんとか切り盛りできている。そこへ妙なコンサルを名乗る男がやってきてひと騒動を起こす・・・なーんてなーんて。

 

 

 

スポンサーリンク