anko alive

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8エピソード1感想ネタバレ:ジョンの身勝手さが目に余るわ

f:id:ankoalive:20190130145736j:plain

 

GWにしてやっと観たわよ~~~!待ちに待ったGOTシーズン8~~! 

我が家のAmazonプライム契約者である夫が普段忙しかったこともあり、GWにようやくスターチャンネルEX契約を許諾。やっと視聴にこぎつけました。はああ~~長かった。半月待ったわ。

 

 

GOTシーズン8を観るためには選択肢がいくつかあった

GOT8の放送を日本で一手に引き受けているスターチャンネルが主体となり、そこで紹介している3つの方法しか選択肢がないわけ。

 

  • スカパー(加入月無料、月額税抜き2,300円+スカパー基本料390円)
  • インターネットTV(初月無料、月額税抜き2,300円)
  • Amazonプライムビデオ内のスターチャンネルEX(プライム500円+月額972円)

 

月額利用料や視聴目的が、なにはなくともGOTということを考えていくと、我が家は既にAmazonプライムに契約しているので、スターチャンネルEXが一番お得ということで落ち着きました。

 

元々、夫がAmazonプライム会員なので、スターチャンネルEX契約し2週間の無料体験後、月額972円を支払う形。Amazonプライムの延長みたいな感覚でいつでも視聴できるし、GOT8に関していうと世界同時放送で観られる。3日後にはオンデマンドで何回も観られるし、今の時点で既にEP4まで放送済みなので、オンデマンドで一気に4話まで観ることができました。

 

 

ここからは、ネタバレしまくりですので、観ていない方はご注意ください! しかも長いです。6,000字強!

 

 

 

生き残りメインキャラがウィンターフェルに集結

生き残ったキャラがウィンターフェルに集結ってだけでうれしくなるじゃないの。もうね、シーズン1のオマージュかっていうくらいのオープニング演出がニクイ。子どもが高いところに昇って、やってくる軍隊の隊列を眺める様なんて、シーズン1のブランとかアリアを思い出す。そのシーンだけでもシーズン8を待ち望んだファンの心を鷲づかみよ。かつて、ロバート・バラシオンが一族を連れてウィンターフェルへやってきた、あの感じ。隊列の中には懐かしい面々が現れ、アリアの百面相が拝めるのもおもしろかった。ジョン(うれしい)→ハウンド(複雑)→ジェンドリー(恋する目)が交互に映し出される。

 

さらには、演出がわかりやすい。いかに北部人が南の人間になじみがないかがよくわかる描写として、グレイワームとミッサンディの存在そのものに違和感なのか嫌悪感なのか、とにかく、みたことないもの受け入れられないよーみたいな北部の人々。城に住むような貴族でもない限り、その土地を出ないだろうし、南部人みたいな大らかさとか奔放さなんて持ち合わせていなさそう。そんなことがはっきりとしつこいくらい描写されているところもいい。

 

 

ジョン・スノウは身勝手さが目に余るのよ

だけどよ、隊列組んで戻ってくるとき、デナーリスの横でデレデレして進軍しているジョンよ。シーズン7の終わりの方にしたって、それでいいのかよ!女王に従うったってそんな早くに寝てしまっていいのかよと思ったけどさ、やっぱりシーズン8が始まってもジョンの身勝手さにはほとほと呆れる。もうサンサに同情するよ。

 

ジョンが勝手に北の王を降り、それをサンサをはじめとする北部の面々に承諾もなく(サンサに話も通していないし)、デナーリスに跪いて忠誠を誓い、デレデレしまくっている。しかもさ、その理由を「北部を守るため」と大義を掲げて、夜の王を倒すことが大事だからそのためなら何をやってもいいという屁理屈にしかみえない。ならば、せめてサンサにはいの一番に遣い鴉を飛ばすくらいのことはしようよ!! S7でゾンビ捕まえるときのヘルプはいの一番にデナーリスに遣い鴉飛ばしたくせにね。


案の定、サンサとさっそく言い争いになるジョン。一緒に戦ってくれる強力な兵隊とドラゴンを連れてきました~って、あーた。そんなことで勝手に北の王降りたの許されると思ってるジョンの身勝手さ。サラリーマンが妻の承諾を得ずに勝手に部下を家に連れてきて妻困惑、みたいな感じ。あらあらなにも用意がないわーどうしましょー連絡くらいくれてもいいのにーってやつ。

 

さも、自分は大軍引き連れて偉いことをやってのけたかのようにえばりくさって帰ってくんじゃないわよ!と思ったわ。愛のためなら約束もルールもやぶるのはジェイミーだけじゃなかったね。

 

サンサに「北部のため? 彼女を愛しているから?」と核心に迫られて即答できないジョン。だけど、サンサはもうわかってんのよ。女の勘。冴え渡る洞察力には感服するわ。さすが小指仕込み!

 

思い返せば、ジョンは神妙な面持ちで誓いを立てナイツウォッチになっても、いとも簡単に破るのが常だった。女が目の前にいれば抱き、勝手に脱走しては王都へ殴り込みに行こうとしたり、一度死んで蘇ったことであっさりナイツウォッチの総帥を降りたり(これはまあしょうがない)、ウィンターフェルへ戻ったら戻ったで、生き残り嫡男であるブランが事実上継承権放棄。落とし子とはいえ男性ということだけでスターク家の継承権がサンサより上になり、ゾンビを倒す大義を掲げて北部総督になるも、これまたデナーリスの強力な軍事力と惚れた弱みであっけなく北部総督を降りる。

 

長い間、落とし子として複雑な感情を抱えて生きてきたことはわかるし、同情もする。だけども筋を通していないところだけは、サンサ同様、信じたくても信じられない心境にはなるわよね。なんか、シーズン8に入ってからますますジョンが好きになれないんですけど。

 

 

サンサ、小指仕込みの猜疑心

スターク家の面々はそれぞれが過酷な運命を辿ってきたし、比較はできないけれど、とりわけ苦痛を強いられてきたのはサンサだったのかなと思う。ジョンと違って感情的に約束を破りまくるわけでもないし、ひたすらその場所その場所で耐え抜いてきた。その過酷な人生のおかげで、足下をしっかり見て、現実的に生きる糧になっているし、裏切り者であった小指のおかげもあって、物事を慎重に見極める術を身につけた。

 

ただただ夢見る夢子だったころから成長著しく、頭もよい(とはいえ、落とし子の戦いではベール軍が来ることをジョンにいってなかったけどね)。過酷な冬を生き延びるための北部総督には絶対サンサがいいと思うんだけど、設定として男系主体の世界。モーモント家城主がリアナなんだから、北部もそうしてくれよと思うんだけど、男性陣が存在している以上無理な話よね。

 

継承権はおいといて、サンサはそう簡単に人を信じなくなっている。いきなりやってきたデニーに対してもそうだけど、ラニスター軍が加わることも信じていない。なにせ、あのサーセイだもの。私利私欲の塊。ぜーったい嘘だと見抜いていたといってもいい。それだけではなく、あまりにも悪意を持った人間ばかりと過ごしてきたことと、ブライエニーという忠誠心に熱い人物との対比により、悪意への嗅覚は鋭敏になっているんだろうと思う。だから、デナーリスに対しても、どこか支配的なサーセイに近い「ニオイ」を感じたんじゃないだろうか。私がイチ視聴者としてみていても、それはあながちハズレではない気がしているよ。

 

 

ティリオン、人がよすぎるのか政治カードなのか

ここでおもしろいと思ったのが、対サーセイで、ティリオンはことさらサーセイを憎んでいて信用もしていないはずなのに、どういうわけだかそこは憎み合ってもラニスター家だからか、きっとどこかに残っているであろう良心を信じたいと思っているところがある、というところ。

 

基本、弱者に優しいティリオン。自身の姿からして「誰からも愛されない」がベースにあるせいか、ことのほか「愛されたい」が強いんだろうし、父のタイウィンやサーセイという自分を憎む人にこそ信じたいし認められたい欲が強いのだろうし、どんなにヒドイ相手であっても「良心」の部分を信じたいと強く願っている気がするのよね。そこがティリオンの人間くささであり、愛すべきキャラなんだけど、それがことごとく裏目に出てしまうわけ。だから、やっぱりラニスター軍は北部に来ないよきっと。

 

ティリオン自身もそのことはなんとなーくわかっていたかもしれないけど、デナーリスのために政治的にその場をまとめる必要があったから、サーセイに詰めよって表面的にはまとめたふうにした、というのがティリオンなりの女王の手としての仕事をしたってことよ。口が裂けても「サーセイは嘘ついているかもー」なんて言えないでしょ。

 

 

ジョン・スノウの出自を伝えるまでの流れがつらい

S7で、ブロンの透視能力と、サムがシタデルでみつけたセプトン日記により、ジョンの出生の秘密が明かされたわけだけど、いつ、どんなふうに伝えるのかが見どころでもあったのよね。まあ、EP1でジョンに伝えるんだろうと思ってたけど、そこまでの流れが強引というか辛いというか、サムの扱いがひどすぎる。

 

最初はウィンターフェルの図書室らしきところにいたサムが、デナーリス&ジョラーと会い、まずはサムがシタデルでジョラーの病を治したことからの会話で友和ムードだったのに、一転してデナーリスが跪かなかったサムの父と弟を処刑していた事実を知るくだりからの~~~その場にいられず飛び出しブランに会うも、ブランがジョンの真実を伝える役放棄、押しつけられーの~~~地下墓所でジョンに会ってけんか腰に真実を伝えるサムって、デナーリスに父と弟を殺された憎しみと悲しみに暮れる暇もないほどの慌ただしさがつらい。

 

ジョンはそのことを知らなかったとはいえ、すべては「戦のため」とすり替えていこうとするズルさ。ここのサムとの会話でも、ジョンの責任逃れ的な小ずるさがある。たぶん、落とし子という育ちによって、確固たる自分のアイデンティティが育まれていなかったせいもあるんだろうけど、生涯自己の確立に揺れ動くキャラってことでよろしいか。

 

ここへきて、サムによって衝撃の事実を知らされ、落とし子? スターク? ターガリエン? みたいな揺らぎに苛まれちゃってもう。ただでさえ暗いジョンなのによけい暗くなるわ。何も知らないジョン・スノウ。いろいろ知ったら知ったでもっと困るジョン・スノウ。なんで周りが持ち上げるんだろうな。

 

サムの中では、デナーリスに対して複雑な思いしかないし、ジョンは親友だけど、ジョンが連れてきて、既に忠誠を誓ったっていうデナーリスに対しては、心情的に認めてないような発言だったし。王位継承権が明確になったことでだんだんにデナーリスの立場がほころびはじめたとも言える場面なんだけど、地味に反デナーリスがいることを示唆していておもしろいわ。

 

 

サーセイとユーロンの会話がさ

小物感満載のユーロン、女王の寝室ですでにコトは終わったあとのシーンでよ、「あのデブの王と比べて俺はどうだった?」とか聞いてしまうところが小物。だけど、そこはサーセイの切り返しが一枚上手だったね。てか、故ロバート王の性癖(人数は多くても下手くそ)をばらしつつ、それよりかは退屈しなかったと認めるのよ。でも、今までで一番傲慢だとも。てことは、ユーロン、俺様オラオラ系。満足したかどうかを女に聞くところからして「傲慢」だよね。俺が満足させてやったみたいに思っているってことだからさ。

 

サーセイからしたら、ユーロンなんて小物以上のなにものでもなく、たまたま見方で近くにいただけの都合のいい男。今に殺されるんじゃないかなーと思っているよ。

 

 

ドラゴン、食欲ない

なんとなく、ここへきてドラゴンへの脅威が崩れる予兆を感じたわ。既にS7であっさり夜の王に槍で刺されて1頭ゾンビ化したことも予兆だけど、ドラゴンは寒さに弱いのは盲点だった。S7みたいに単発で南から助っ人に現れて、日帰りで戦って帰るならまだしも、このまま戦いの日まで北部滞在してたら、ますます食欲落ちて力でないよね、きっと。

 

そりゃあ、ドラカリスすれば本当に怖いものなしだけど、槍やホーガンに狙われたら一発でおしまい。そのことはサーセイもわかっているんだから準備してないわけないしー。ますますデニー&ドラゴンの危機じゃない?

 

 

シオンがやっと「自分」になる

あの弱虫へたれ「リーク」シオンが、ついについに強くなって帰ってきたの! もう泣きそうになったよ。ジョンと同様、生まれと育ちの違いに翻弄され、タマを失い、家族を救えず逃げ出していた情けなくも一番人間くさいシオンが、ユーロンの捕虜になっていた姉ヤーラを助け出すことに成功。いやーもう、感慨深かったわ。人は何度失敗してもやり直せるっていう勇気もらったわよね。しかも、ヤーラにスターク家を助けたい気持ちも理解してもらえたし。

 

人間、やり直すっていっても、いろんなところで失った信用はそうそう戻せないし、ましてや失った局部も戻らない(たとえグレイジョイ家にまだアレが保管してあったとしても、保管状態悪いだろうから縫合できそうもないよね)。

 

GOTはたくさん人が死に、どんどん家族や仲間が失われていくけれど、生きながらえていろんなものを失い、地獄を見続ける苦しみについては、シオン、GOT苦しみランキングトップだと思っているので、人生取り戻そうと先陣を切ったシオンに拍手を送りたい。

 

シオン的には、基本グレイジョイだけど、世話になったスタークも自分にとっては大事な同盟、な気持ちで落ち着いたってことだ。1本筋が通ったシオンのカッコイイことよ。

 

 

ラストシーンがもうGOTの真骨頂だから

いつも後を引く終わり方でどんどん沼に引きずりこむGOT。今回もやってくれましたよ。北部にひとりやってきたジェイミーが最初にみたもの、それはブランとの対面! ジャジャーン!の終わり方がニクイ。もーーーーー、S1-1以来の再会じゃないのおお!って叫んじゃったわよね。

 

しかも、人間じゃなくなっているブランにとっては、ジェイミーは恨みも何もない思い出の1つであり、もはや「旧友」扱い。ていうか、ブラン、人間じゃなくなって寒さを感じないのか、ずっと門の前にいたの?ってくらいの佇まい。早く次が見たくなる終わり方。全世界1週間悶絶しただろうな。

 

 

日本語字幕版が悲しい

スターチャンネルさんのTwitterで知ったのですが、エピソード8は世界同時放送で情報漏洩対策の都合もあって、日本語字幕はアメリカの制作側で作った字幕らしいのです。本来なら日本側で日本人向けに表現を変えたり、字幕の微調整するのでしょうが、今回はそれが叶わず。ということで、違和感ありまくりの字幕なのですよ。

 

とにかく、女性のセリフ、サンサ、アリア、デナーリス、サーセイの口調が男性ばりの命令口調でとっても違和感。サンサがティリオンのことを「おまえ」呼ばわりするとか、他の3人もめっちゃ命令口調。もしかしたら英語圏の人からしたら、本当にそういう感じが適切なのかもしれないけど、今までのシーズンの日本語訳では「おまえ」呼ばわりはしてなかったし、例え上下関係があったとしても、そこには敬意すら感じられる言語表現だった気がする。

 

なので、世界同時放送中はしかたないにしても、DVD化するときはぜひとも日本語訳をやりなおしていただきたいし、吹き替え対応もお願いしたい!!!! 私は森川さんのティリオンの声が聞きたいのよ~~!