ankoの日常

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

劇場版『ドラゴンクエスト ユアストーリー』声優陣情報解禁と予告映像からわかること

f:id:ankoalive:20190404150427j:plain

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公式サイト

 


あの名作ゲーム『ドラクエⅤ天空の花嫁』の映画化の情報を聞いたときは、いよいよ実写か!?と、『勇者ヨシヒコ』を超えるのか!?と思っていたら、アニメとしての映画化ということで正直がっかり。実写で観たい・・・勇者ヨシヒコ劇場版が観たい、で思考停止。

 

そんなこんなで、映画化の情報が自分の中で風化しつつあったところに、今日、声優陣の情報が入ってきたので、それにあわせて思ったことを書きます。

 

 


『ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁』、個人的にも好きなゲームだし、去年くらいだったかな、久しぶりにDSでプレイしました。

 

ゲームなのに実はちゃんとキャラクターの設定や心情が織り込まれてセリフが書かれているので感情移入しまくり。大人になって、しかも中高年になってからプレイすると、パパスとの別れとかマーサとのシーンでDS握りしめながら大号泣。

子どもの頃プレイしたときは涙も出てないのに、まさかゲームで中高年になってから泣くなんて思いもよらなかったわ。やーねー、すっかり涙もろくなって。

 

ドラクエの中でも超名作ストーリーなので、どんなかたちにせよ映画化の企画、総監督・山崎貴って聞いたときに、ああ、この人ならこういういやらしくあざとい企画やりそうだーという納得感はあったわよね。狙いすましてあざといのにツボってしまうところとか、ホント、嫌なのにはまり込むのよ。

 

 

声優陣が豪華

そして、劇場版『ドラゴンクエスト ユアストーリー』、声優というかボイスキャスト情報解禁ですけど、山崎監督いわく、実写化するならこのメンバーで!という意気込みのキャスティングだそうで。


だったら、このメンバーで最初から実写化してくれよおおお!! 

実写にしなかったはアレなの? やっぱり先に『勇者ヨシヒコ』で実写もどきをやられたから二番煎じになるんじゃないか的な? まあね、誰でもそう思うわな。仮に実写ができたとしても、山田孝之のパパスはちょっと違う感があるし。


実写じゃないにしても、声優が本職じゃない人のキャスティングってねぇ、どうしても画に負けるのよ。テレビドラマの演技とアニメの演技は違うし、そのあたりもわかったうえで演出されているはずだけど、やっぱり声をあてるっていう意味では声が弱くなる。だから本当は声優さんたちにやってほしいのが本当のところ。

 

こういうアニメキャスティング観ると、話題作りも大概にしてくれっていつも思うんだよ。ジャニーズが入っていないだけマシだけど、佐藤健、声だけとはいえお腹いっぱいよ。出過ぎ。なのに、なんでかんで話題性という意味では興味は惹かれるんだから、思うつぼなんだなーこれが。


予告で、主人公リュカ役の佐藤健、フローラ役の波瑠、ビアンカ役の有森架純の声が細すぎて画に負けてたしさ~。とはいえ、山寺さんはもちろんのこと、ベテラン俳優陣は心配してないし、この方々は実写で観たかったなー。

 

でも、実写の場合、パパス役はビジュアル的にも吉田鋼太郎に一票。パパスはもう少しマッチョな中年のイメージなのよ。山田孝之だとパパス演じるには若すぎるのよね。実際、声も若すぎるなと思ったし、もっと声質の低い渋い声希望だけど、そこはドラクエに縁のある山田孝之くんを信じて、どう演じるか期待したいと思います。

 

配役は以下の通り。

★主人公“リュカ”・佐藤健
★ビアンカ・有村架純
★フローラ・波瑠
★ヘンリー・坂口健太郎
★パパス ・山田孝之

 

他のキャストはどのキャラかはいまのところ明かされてないですが、ケンドーコバヤシ、古田新太、吉田鋼太郎、松尾スズキ、安田顕、賀来千香子、井浦新、山寺宏一と実写だとしてもそうそうたるメンバーですわよ。

 

個人的に予想してみますと・・・光の教団の教祖、ゲマ、魔王ミルドラース、マスタードラゴンのような強面キャラに古田新太か吉田鋼太郎あたりを予想。

 

ケンドーコバヤシは体格的にもサンチョかな。フローラの育ての父・ルドマン、ビアンカの育ての父・ダンカンを、松尾スズキとか安田顕あたりを予想。

 

賀来千香子はパパスの妻マーサではないかと! ルイーダの酒場のルイーダだったらウケる。で、山ちゃんは1人で端役を何役とかこなしそう。井浦新はまさかのピピンだったりして。

 

いずれ、紹介された俳優陣は主要キャストを務めることは間違いないので、そこらへんはお楽しみにしておこうと思います。

 

ドラクエ既存のキャラがどこまでキャスティングされるか情報が乏しいのよね~。デボラは存在するのかなとか、妖精ポアンとかエルフとかさ。パパスが出てくるから主人公の幼少期から描くんだろうし、絶対にあの悲しい別れのシーンがあるわよねえええ~~~。あそこは外すわけないでしょ。きっと映画でも泣いてしまうわ。

 

 

予告映像の中でわかったこと

 

 

・勇者の剣を発見
・キラーパンサーとの再会っぽいシーン(てことはベビーパンサー時代があるのか)
・ヘンリーと樽で脱走(奴隷生活も描くのね)
・ビアンカとの出会い
・フローラとの出会い
・ブオーン、ゲマとの戦い
・パパスが岩に挟まる(時系列前後してる?)

 

公式サイトでの堀井雄二氏コメントでは「映画とゲームでは違っている部分もあるけれど」と明言されてて、本当に予告映像だけでもその片鱗が見えます。

 

リュカ「僕が勇者?」
パパス「天空の剣を探し出し、魔界の門を封じる」

 

パパスのセリフ、『勇者ヨシヒコ』でも仏4号が言ってたよね。シーズン2だっけか?

 

予告編では主人公の子どもの姿が見えなかったので、親子三代で魔王を倒す設定じゃないと予想。もうそこは考えないストーリーのようだ。

 

ゲームだったら主人公の息子が伝説の勇者だけど、劇場版では主人公=伝説の勇者ってことみたいだし、そうなると結婚しても子ども産まれない設定? 親子二代で完結? 

 

ドラクエⅤは三世代続くからこそのストーリーなので、そのあたりの重厚感は失われてしまうかもだけど、そこはもう割り切るしかなさそうだなぁ。

 

 

劇場版で注目されるビアンカとフローラ、どっちを選ぶのか問題

これ、ストーリー上、絶対避けて通れない問題だからね。物語としてどっちを選んで進行し、終わるのかは見物ですね。ゲームならどっちのバターンも試せるけど、この場合は劇場版のストーリー。展開的にどっちか選ばないといけない。

 

がしかし、『STAND BY ME ドラえもん』のときのような、いろんなエピソードを切った貼ったして前例を作ってしまった山崎貴監督なので、ドラクエもそのあたり都合良くストーリーを切り貼りされている可能性があると思うの。メインはきっとお涙ちょうだいがメインになるんじゃないかしら~~。

 

予想としては、ベタだけど多くのプレイヤーが選択したといわれるビアンカと結婚かなーと思う。フローラは別の相手とくっつくパターンで決着するんじゃなかろうか。

 

テレ東ドラマ『勇者ヨシヒコ』の場合、コメディ設定でわりとなんでもありだったから、ヨシヒコは迷いなくフローラを選ぶんだけど、結局いろいろあって結婚せずに旅の一行に戻っていったっけ。そういうのもありだし、予想外の結末があってもいいと思うのよ。どっちとも結婚しないとか、なんなら両方と一緒に旅するとか、一夫多妻制でしたとか。んなわけないか。

 

山崎貴氏、この映画を作る前に熱烈なドラクエファンにたくさんインタビューしたっていうくらいだから、覚悟もしているだろうし、ストーリーも大きく逸脱はしないと思われるけど、それでも「違い」があるのは確かなようなので、観る側としてもあくまでも『ドラクエⅤ』は原案であって、ストーリーは別物と覚悟を決めて観てみたほうが懸命と思われます。

 

きっと、ドラクエファンとしてあそこが違うだのここが違うだのいいながら、お涙ちょうだいシーンでぐぐっともっていかれて泣いちゃうんだろうなー。今から言っておく。パパスとの別れシーンは泣く! ED曲は秦基博で!!!


 
なんか、ゲーム発売前みたいな情報統制ぶりだけど、封切り近くなったらもう少し情報出すんでしょうね~~~。

 

アニメもいいけど、やっぱ、この『ドラゴンクエストⅤ』、実写で『ゲーム・オブ・スローンズ』並みに描いたら最高におもしろいのにーって思うの。出生の秘密とか奴隷とか生き別れとか母親捜索、ゲームにしておくのもったいないくらいドラマてんこ盛り。いつかNHK大河ドラマ、もしくは大河ファンタジー枠で「原案ドラクエⅤ」ってことにしてドラマ作ってほしい。三部作設定だからちょうどいいやーん。