anko alive

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

【ブラックリベンジ】6話感想:イマミー妹も圭吾も欲望丸出しでゲスかった

f:id:ankoalive:20171110164517j:plain

Joe Diaz | Flickr

 

6話の今回は、復讐が終わったかに見えたイマミーがまさかの真実を知る回。実の妹に裏切られていたなんて、イマミー辛い!辛すぎる!頭真っ白になりましたよ。

 


以下、ネタバレ注意!!

 

 

 

二朗さん今回も一段とコワイ

二朗さん、自分が裏で手を回していることを明らかにしてもなお、強気でコントロールして天満やイマミーに近寄るところが怖すぎる! ヘラヘラと善人の顔して手の内を明かしながら天満を失脚させ、イマミーには今回の記事がねつ造でないという確たる証拠(圭吾が真実を語る動画)をみせるんだけど、イマミー呆然としてしまうのよ。

 

冷静になってその動画の背景をよくみると、カウンセラー糸賀の診療室だというくらいわかるはずなんだけど、気が動転しているイマミーにはわかるはずもなく、視聴者側としては編集長と糸賀がなんらかのつながりがあることだけは確定。

 

編集長もイマミーの存在は最初からわかっていたし、今宮という名前も偽名だと知っていたのよね(寺田美幸が本名。なので圭吾が動画で「美幸」といっていたのはそういうこと)。すべてわかっていてイマミーを転がしていた編集長の目的って、わざと泳がせてスキャンダル記事を書かせることだけなんだろうか? そのへんも疑問が残ります。

 

悪人て、悪人顔でないほうがよけいコワイ。二朗さんのように軽妙に笑いながら悪事を働く方が怖いわ。天満のうしろににこやかに立っていたのもコワイ。

 

二朗さん、新境地開けたよ。これからもサイコサスペンス作品に出てほしい。

 

 

 

妹もそうとうなゲスだった

いやーー、予想はしていたけどイマミー妹、清楚なフリをして今までのキャラ以上に根深いゲスっぷりだった。これは姉妹あるあるで、どちらかが秀でるか劣るかによるバトルあわけよね。ツッコミどころはいっぱいあったよ。

 

まず、イマミー、妹の家庭教師として紹介する時点でちゃんと「彼氏」だと紹介しなきゃ! まずこそから間違いだから。そもそも家庭教師に異性を選ぶところからして間違い。高校生くらいの年齢だとあらぬ誤解が生じることは想像付くでしょうが。そういうことはしないと信頼してのことかもしれないけど、部屋でそこそこカワイイ女の子と二人っきりになったら何が起こるかわからないのでしょうよ~。

 

イマミー妹、そりゃあ当時まだウブな高校生で、家庭教師に淡い恋心というのはよくあること。姉が「彼氏」と言わなかったのも誤解の元になるわよね。ここはイマミー劣勢。それ以上に昔から姉よりもイマイチだった妹の積年の恨みはわかる気もする。

だからって、ここぞとばかりに弱っている圭吾の隙をついて寝取るとは大胆不敵。姉への当てつけと逆襲というゲスい気持ちが炸裂したんだろうな。口では圭吾を助けるためと言っておきながら、心の中ではまんざらでもなかったはず。そして、避妊しなかったのも確信犯だろうがー。これで姉に勝てると。それをいけしゃあしゃあと「愛された」という思い込み。

 

圭吾。死人に口なしだけども、都合よくイマミー妹を欲望のはけ口にしたゲス野郎だったね。イマミーを安全な場所に逃がしておきながら、マスコミに面が割れていないであろうイマミー妹の世話に甘んじ、おそらくイマミー妊娠中はセクロスもできなかった欲求不満をぶつけただけでしょ。被害者面してたいへんなときだったからって、裏切っていい理由にはならない。

 

「愛する」という言葉はキレイだけど都合のいい正当化の言葉よね。圭吾もイマミー妹も単純に「愛という名の欲望」ですから。愛という言葉ですり替えて欲望を正当化しただけだからね。そのくらい、男と女が同じ部屋にいるということは倦怠期にでもならないかぎり、何かが起こるかわからないものなんですぅー。

 

 

 

糸賀のコントロール術予測

浮気した圭吾は被害者面して死んじゃったし、さんざん夫に代わって復讐しまくったイマミーは、今になって夫を責めることもできないのが悔しいわよね。


浮気の事実とはめられて自殺した事実、なぜ浮気の事実を隠してまで、イマミーを復讐の鬼に仕立て上げなければいけなかったのか。糸賀の本当の目的はなんだろう?

 

イマミーが事件によってマスコミから逃れるために圭吾と離れ、その間に妹が様子見と称してちゃっかり寝取り、それでもおかしくなる圭吾を糸賀の元に連れて行った妹。糸賀は妹の圭吾に対する気持ちを知っていたに違いない。そこで妹は「あなたが代わりに守ってあげなさい」かなんか言われてそそのかされた可能性もあり、肉体関係になるのは糸賀の想定内。そのほうが圭吾の罪悪感が大きくなり、マインドコントロールしやすくなるのだろう。案の定、映像を残して自ら命を絶つように仕向けられたのでは?と考える。
動画を録画するとき、そこには誰もいなかったかもしれないけれども、Wi-Fiを自由自在に操れる糸賀のこと。圭吾のスマホデータをいじるのはたやすいことでしょうよ。

 

次回は、イマミーいよいよ妹に手をかけそうなかんじだったけど、子供の手前ストップしそう。でも新しい展開がみえてこないのよねぇ。糸賀が絡んでいることだけは今回のエンディングシーンで確定したけど、編集長との接点がみえてこない。そろそろ繋がりをみせてほしいものです。

 

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」