anko alive

アラフィフマダムがあーだこーだと心を動かしつぶやく場所

【ブラックリベンジ】2話感想芹那の口から言っちゃいけないワード出たよ

f:id:ankoalive:20171013162042j:plain

stevepb photo

いやーん、今回もどいつもこいつもゲスだらけ。
第2話にして、復讐ターゲット3人のうち2人に仕返しできたイマミーこと今宮。
全10話か11話?あるとすると、最後の1人までスムーズにいかない展開になるんだろうな。だんだんフェイクドキュメンタリーにみえてきた。

今回も気になったところをグダグダ書いてみたいと思います。
(ネタバレを含みますので観ていない方はご注意ください。)

 

二朗さんにホッとする

もうね、演出からして執拗に今宮の暗い部屋とか夫の動画とかから始まるので、ドラマのトーンが全体的に重苦しいんですけど、二朗さんいい! 佐藤二朗さんのちょいちょいコミカルな編集長の役は全体が重くなり過ぎないようにバランスをとる役目なんですね。すごくホッとするのよ。記者役で出ているお笑い芸人カミナリよ、彼らよりも上をいく二朗さんの笑いのテンポ、みならうように! 

今回のターゲットは、人気清純派女優愛原サユミ。芹那がこの役!?あのじゃべり方で!?と思ったら、意外にも普通のしゃべり方。なんだ、普通の話し方できるんじゃん。しかも演技もできる点は高評価。もっと勉強したらいい線いくんじゃないかしら?

劇中では人気絶頂清純派女優のサユミがIT企業の社長と結婚するんだけど、どいつもこいつもゲスです、ゲス~!

 

今宮の裏工作

今宮はサユミをはめるために裏工作に余念がない。もはやスクープのためではなくて、ターゲットを陥れるためだけにやっているからね。

夫の元秘書で情報協力者の高槻を使い、サユミの結婚相手の社長にも会社を大きくするためのビジネスチャンスだといって、サユミに事務所移籍を持ちかけ(社長の会社がスポンサードもしくは業務提携したってことでしょ)、妻となるサユミを利用してその話に乗っかる社長も社長。結婚すら下心ありまくりでしょ。

さらに高槻からサユミの元カレ10人のリストを入手。しかもサユミはその元カレたちを全員結婚式に招待しているのよ(すごい神経だわ)。それを元に若手記者・芦原にそのリストを渡し、結婚のお祝いコメントをもらってくるよういいつけたり、サユミのSNS写真を調べるよういいつけるのね。芦原は調べた写真をフォルダ分けして整理していたんだけど、フォルダ名が「公開処刑」「スッピン嘘つけ」になってて笑ったわ。


芦原が「これって公開処刑ですよね」といいながら、分類していた写真はどんなものかというと、自分のマネージャーや地味な友だちが一緒に映っている写真。その意味するものとは「ブスは引き立て役」。自分より格下と映る=ブスの公開処刑ってこと。

「スッピン嘘つけ」フォルダの画像についても、記者の女の子が辛辣なことを見事にいうんですよ。
「明らかにベースメイクはしているのにすっぴんとか言い張る強心臓ぶりには称賛に値します」 
私も同じこと思っていたので、よくぞ言った!と思ったわよね。女優がガチでスッピンになるわけないじゃん。なんなら美肌補正もしてるだろ!って誰もが思っているわよね。

今宮はさらにSNS写真からサユミの交友関係を検索し、それぞれのSNSフォロワーから共通の鍵のかかった裏アカウントがあることを突き止めるわけよ。それが最後の爆弾になるんだよ・・・。

 

 

ブスは引き立て役

サユミのマネージャー奈津(小野ゆり子)は、サユミと一緒に子供のころからアイドルを目指してダンススクールに通っていたが、才能がないとあきらめマネージャーとなってサユミに夢を託して支えてきた。マネージャーとしては有能だったのでしょうね。元カレ10人のスキャンダルは表に出たことがないのだから。
自分に黙って移籍したことで、激しくいい争いになった二人。思い出の場所だった公園にたたずむ奈津のところへ今宮が現れ、「彼女は考え直すことはない」と諭しながら、追い打ちをかけるんですね。奈津はただの引き立て役だったことを。SNSの裏メッセージは、「地味な友達ともわけ隔てなく、私庶民的ですてきでしょう?本心はブスは美人の引き立て役、彼女はその程度にしか思っていないのよ」と。

さらに今宮は続けます。「どれだけ今まで二人で努力してきたか、それが水の泡になってしまった。ずっと利用され見下されてきた。それでもいいのか」と奈津を精神的に追いつめるの。追いつめることで、ある「最後の引き金」を自ら引かせたいから!

そして奈津の本性が現れる。「彼女をこの手で殺したい」。自分が引き立て役だと言うことは薄々気づいていて、彼女を支えることでがんばっている自分を肯定していたってことよね。もはや引導は渡されたも同然。

 

結婚式場では、恒例のなれそめVTR上映が始まるんだけど、有名CMディレクターが作ったっていうわりにパワポっぽくて陳腐だったわ。映像がすぐに乱れたかと思ったら、元カレとのお戯れ画像が何枚も流れ始めるのよ。

自己顕示欲の強いサユミは自分の成功を自慢せずにいられない。だから友人にだけ裏アカで写真を公開していた。誰がやったのよ~と取り乱すサユミは、奈津にも裏アカを公開していたことを思いだし、奈津が情報を売ったことに気づく。これが「最後の引き金」ね。

 

そこからあられもない言葉が飛び交ってたわー

才能は顔だけ、整形もしている!
化け物だらけの芸能界で整形なしで生きていける訳ないでしょ。
ブスは一生私を引き立てるために徹してな!
汚い男と一日中握手するのが仕事?

こわいー、これってフェイクドキュメンタリーなの?
整形はしているだろうと思うけど、実際に芹那ってSDN48にいてアイドルやっていたのよね? 「汚い男と一日中握手するのが仕事?」っていうのは言っちゃいけないワードだろうと思うけど、言っちゃったねぇ。

ブスの役作り、化粧っけがなく髪も七三の分け目で束ねて、地味なメガネとダークスーツ。これだけでブスになるのね。これが一般的なブスイメージなんだなー。肝に銘じておこう。

奈津役をされた小野ゆり子さんって、事務所スチール写真だと蒼井優っぽいイメージのキレイな方ですよ。役とはいえメイク力ってすごい。

 

今宮は最後は高笑い。今宮にしてみれば奈津の存在もサユミを陥れるための道具のひとつにすぎないんだものね。おーコワ。

最後に意味ありげに映し出されたカウンセラー糸賀。イマミーの夫も同じカウンセラーじゃないかー。過去2話には出てこない映像が新たに出てきて、これらの復讐劇にはさらに裏があるみたいな終わり方だったわ。黒幕はカウンセラーなのおおお? てか、USB送った当人だろーー。

次回は、今宮を勘ぐる天満の協力者城田(DAIGO)とひと悶着あるみたいだし、そろそろイマミーはピンチを迎えるのかしら?